2010年06月08日

古民家再生物語 21 棟梁 野沢さんとスタッフの皆さん

今回の古民家再生工事を請け負っていただいてる棟梁野沢さんとスタッフの皆さんの紹介をしましょう。

まず、棟梁の野沢 昌夫さん。58歳。

野沢棟梁

中学卒業と同時に山梨県下の建設会社に就職。住宅から大型公共施設まで幅広く現場を経験する一方で夜間学校に通い勉強、2級建築士の資格を取得。

その後自分の納得出来る住宅を専門的に造りたいとの思いで独立し野沢住建(株)設立。まだお若いが建築経験年数43年という豊富なキャリアの持ち主です。

野沢棟梁2

私が野沢棟梁と知り合ったのは8年前の2003年のことでした。

連れそいが琴・三味線の演奏家だったのですが、彼女がたまたま山梨牧丘にある宮城県から移築再生した豪壮な古民家で演奏会をする機会があり、私も同行しました。

その際、野沢さんも演奏会に来られており、古民家再生を施行した人だと施主から紹介されたのが、野沢棟梁でした。

その時の野沢さんは今思うと演奏会に関心があるというよりは、自分が施行した建物がその後どうなっているか、何か問題は起こっていないか、まるで嫁入りさせた娘を愛おしんでフォローしているかのように、建物のあちこちを見回り、柱をなでたりしている姿が印象的でした。

その後、私は土地と古民家探しに度々牧丘地区を訪れるようになるのですが、それから3、4年後だったでしょうか古民家再生中の現場に遭遇しました。

その現場はまるでセルフビルドのようなゆったりしたペースで再生工事が進んでいました。

聞くとその現場は野沢棟梁自身が住むための家を造っているとのこと。

私は俄にどのような古民家再生になるのか関心を持ち、その後山梨に出向く時は必ずその現場の前を通るようになりました。

そして出来上がった家が下の写真です。

野沢邸外観

野沢邸土間

野沢宅居間

元の建物は山梨県下の古民家だそうですが、棟梁が古民家再生に取り組もうと思った原点が長野県塩尻地区の本棟造りであったことから、その様式の建物にしたと伺っています。

野沢宅後方

先の宮城県からの移築再生事例といい、ご自宅の再生民家といい、実に見事な再生事例だと思います。

そして3年前、私が現在古民家再生中の土地が野沢棟梁の紹介で見つかったという縁もあり、今回の工事を請け負っていただいているというわけです。


次にスタッフの方々の紹介に移りましょう。

まずは大工親方の楠 芳(クスノキホマレ)さん。51歳。

この方も経験年数30年という大ベテランです。

大変寡黙な職人さんで、一見すると野沢棟梁より年配に見え貫禄があります。
知らない人が見ると楠さんのほうが棟梁にふさわしく見えます(笑)。

楠O2

楠o


まぁ、実態は棟梁2人制なのかもしれませんが・・・。 

なお、楠親方は職人さんではあるのですが、なんと1級建築士の資格をお持ちです。

釣りが趣味とのことで仕事が一段落すると太公望に変身するようです。

次に若手の楠 直(クスノキヒトシ)さん。27歳。

楠Y2

檞Y

楠 芳さんの甥っ子とのことですが、お聞きすると楠一家は大工一家とのことで、親族の多くの方が大工業に就かれているそうです。

直さんのキャリアは6年でまだ修行中とのことですが、今回の仕事が自分にとってまとない良い経験・キャリアになると意欲的で、張り切ってやっていただいています。


3人目が古屋 彰彦(フルヤアキヒコ)さん。51歳。

本職は建具屋さん。
建具の仕事と大工の補佐業務が役割です。

野沢古屋打ち合わせ

補佐といってもそこはキャリア年数25年のこれまた大ベテランの1級技能士。

扠首作り

さすがにベテランらしく動きに無駄がありません。
テキパキと緻密に小気味よく仕事をすすめていきます。

最後に、武藤 正(ムトウタダシ)さん。68歳。

以前、野沢棟梁と同じ会社に勤務していた縁で野沢棟梁と一緒に仕事をしているとのこと。
現場のこまごました仕事を一手に引き受け実に真面目に取り組んでいらっしゃいます。

古屋

大工2

高所での作業などの軽やかさはとても68歳とは思えません。


このような現場スタッフ5人とベンクスさんと私の計7人が現在の中心メンバー。
いわば「7人の侍」といったところでしょうか(笑)。 


少数精鋭!?

少数が精鋭を創る!!??

どちらかかはわかりませんが、ともあれ私はもちろんのこと、スタッフの皆さんも楽しんでやっていただいているのが何よりのことと思っています。


野沢棟梁&野沢住建について詳しい事をお知りになりたい方は下記のサイトをご覧ください。

 http://www.nozawa-jyuken.com/

posted by wa at 17:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 古民家再生
この記事へのコメント
シアリス:http://www.cialismall.com
Cialis:http://www.cialismall.com
レビトラ:http://www.levitramall.com
levitra:http://www.levitramall.com
精力剤:http://www.hikanpou.com
精力剤:http://www.hakanpo.com
威哥王:http://威哥王.kanpocom.com
威哥王:http://xn--kwrt2jp9z.kanpocom.com
巨人倍増:http://巨人倍増.hikanpou.com
巨人倍増:http://xn--gmq15an1qquf.hikanpou.com
Posted by シアリス at 2014年02月22日 14:54
Posted by シアリス at 2014年02月22日 14:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38823604

この記事へのトラックバック