2012年06月27日

@ 庭の造成

古民家再生を昨年竣工。

まだいろいろとやらないといけない事はあるのですが、
家造りは一応昨年の春一段落しました。

それから1年間、再生古民家での生活を楽しみました。

家は素晴らしいものが出来上がったのですが、家中から見る庭がまだ未整備でどうにも落ち着きません。

それでも立て続けにやるのも慌ただしいので、庭作りの準備期間と割り切って1年間を過ごしました。

そして今年(2012年)はいよいよ庭作りです。

さて、

もともとこの場所は資材置き場でした。

DSC_0359.JPG

掘建て小屋と建築現場から出てくる廃材や大きな石などが山のように積んでありました。

DSC_0352.JPG

DSC_0380.JPG

DSC_0245.JPG

DSC_0353.JPG

土地は富士山の爆発で累積した火山灰、いわゆる粘土質の関東ローム層です。

DSC_0946.JPG

水はけが悪く、雨後の状態はこれからどのように手を入れたら良いものか途方にくれる気持ちになりました。

擁壁も半分は未整備でこれもなんとかしなくてはなりません。

DSC_0938.JPG

こんな現地を見ながらどんな庭を造成するか、古民家を再生するかたわらいろいろイメージし考えました。

その回答は次回にご紹介することにしましょう!。



2012年06月22日

再生古民家「杣口の閑居」へのご招待 その2

土間とリビングルームの間の格子戸は梁に使われていた欅の古材で作成しました。

DSC_8153.JPG

柿渋・松煙・ベン柄を素材にした塗料で古色塗りを施すと雰囲気は一変しました。

DSC_8170.JPG

DSC_7792.JPG

リビングルーム前室です。

DSC_7770.JPG

DSC_3870.JPG

ここは元の家では書院造りの客間和室と仏間の2間で構成されていました。

DSC_1157.JPG

上のカットはこの空間で開催された地元の方々の句会の様子です。

DSC_7890.JPG

下のカットはこの古民家の一番の見所ともいえる「欅の間」です。

もとは囲炉裏のあった家族団らんの部屋で構造体が全て欅で出来ています。

DSC_3858.JPG

日常的にはフローリング状での板の間として使っていますが、畳を敷いてお茶会なども楽しめる様にしてあります。

DSC_7576.JPG

炉も切ってあります。

DSC_7907.JPG

床の間の床柱には特殊な仕掛けがしてあります。

どんな仕掛けか、ですって?。

それは現地を見てのお楽しみ!(笑)。

DSC_7251.JPG

DSC_7714.JPG

今回の古民家再生では空間を小さく区切らず、大きな空間を創出することを目指していました。

しっかりしたガタイを作っておけば後々事情に合わせ仕切りを作ることによって如何様にも対応できます。

それに建設コストも低減出来るというメリットもあります。

DSC_7810.JPG

客間、仏間、囲炉裏の間そして縁側的な用途を持っていた下屋和室の4部屋を1つの空間として使っています。

贅沢といえばこれほど贅沢な使い方はないかもしれませんが、都会では出来ない事ですし、作品の展示やイベントに使うことを視野に入れての設計です。

イベントでなら優に100人は入れるでしょう。

DSC_7672.JPG

DSC_2057.JPG

リビングルームの外にはデッキが設けられています。

DSC_1947.JPG

DSC_2839.JPG

ここから塩山、甲府盆地、そして富士山を眺めます。

DSC_3922.JPG

DSC_7222.JPG

天気の良い日にはここで朝食をとると、どんな食材も格段に美味しくなります(笑)。

DSC_7223.JPG

おや、先住民がデッキにやってきました。

DSC_1208.JPG

お邪魔にならぬよう共生です。

日が沈む夕刻のひと時は極上のトワイライトタイムです。

夕焼け、街の灯り、そして月や星を眺めながら友人達と酒を呑みかわす。

至福の時間が流れていきます。

DSC_8190.JPG

デッキの大きさはおおよそ100m2。ちょっとした能舞台の大きさです。

何時の日かここで夕闇の迫る中、薪能など開催出来たら最高です。


古民家を譲っていただいた数井ご夫妻が再生古民家を見に上越市から来られました。

DSC_8058.JPG

10年以上住む事無く放置されていた家屋がこうして蘇ったことを大変喜んでいただきました。

後日頂いた礼状には

「百有余年を経た欅の古材が長谷川様と棟梁によって新たな命を吹き込まれ、見事に蘇った姿を目の当たりにして深い感銘を受けました。
あなた様に出会わなければ、そのまま朽ち果ててしまった旧宅の甦生に、祖父もさぞかし喜んでおることと思います。ほんとうにありがとうございました。(後略)」


とありました。

嬉しいお便りでした。

次回続く。

posted by wa at 19:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 古民家再生