2011年08月16日

古民家再生物語 49 陰影礼賛 建具制作@

2011年1月27日〜

古民家の和の風情を出すと同時に機能的な意味合いから原則として全ての窓に障子を設置する設計にしました。

和の風情でいえば谷崎潤一郎の名著「陰影礼賛」に深く共感します。

DSC_8083.JPG

和紙を経て拡散して入ってくる光の陰影、和み、柔らかさ。

目に優しいと同時に心を平穏にしてくれます。

機能的には、和紙で作った障子はペアガラスサッシと併用することで驚く程の断熱効果を発揮します。

これは私自身今までいろんな形体の住居で暮らしてくる中で、カーテン、アルミサッシ、ペアガラスサッシ、障子、紫外線防止シート等など試行錯誤をしながら使ってきた体験的結論です。

現在の日本で多く使用されているアルミサッシは実は熱伝導率が高く断熱効果はあまりありません。

カーテンは空気の循環を促進しかえって断熱性を低減します。

今回の再生では断熱性の高いペアーガラス木製サッシ(ドイツ製)を使用しています。

断熱的にはある意味ではこれで十分かもしれません。

しかし、前述したようにここに和紙障子を併用すると空気層がさらに加わり格段に断熱性が高まります。

そして「美」的にもなるのです。

DSC_8085.JPG

さてさて、前置きが長くなりましたが本題の障子の制作です。

今回の古民家再生では窓の数が多いことに加え、大型のドアなどもあり、さらにはドイツ製のペアーガラスの思いもかけないトラブルというか、制約があり四苦八苦しました。

まず発生した問題は、大型ドアに設置する建具を作るにあたって、建具屋さんが今まで作ったことがないから出来ないと断ってきたことでした。

この経緯については少々長くなりそうなので次回に期すことにしましょう。

☆関連記事:古民家再生物語 33 参照






posted by wa at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 古民家再生

古民家再生物語 48 ユニークな床の間

2011年1月27日

古民家再生の建築デザインに加わっている息子「創(はじめ)」は、金属造型作家です。

今回の古民家再生のユニークな試みの1つは、彼の創る作品を家の各所に取り入れる計画です。

まず、欅の間の床の間にチャレンジしてくれました。

DSC_4894.JPG

友人の工房で作品作りが始まっています。

DSC_5304.JPG

DSC_5308.JPG

さてさて、どのような作品が創り出されてくるか?

楽しみです!!。

DSC_5217.JPG

試作品が出来上がってきました。

鉄に濃褐色の特殊な腐食色つけがされ、照明が内蔵された床柱が出来上がってきました。

また、背後の階段下の空間を生かし、その空間を黄金色のR型に曲げられたアルミで大胆に切り取るデザインです。

面白い作品です。

行程上での時間余裕が無く、夜間現地での取り付け作業です。

DSC_5464.JPG

DSC_5467.JPG

取り付けが完成し、待機していた左官伊藤忍さんが砂鉄を混ぜた黒漆喰を塗り込んでいきます。

DSC_5483.JPG

DSC_5487.JPG

大工&左官&金属造型作家三者のコラボレーション作品完成間近です。

DSC_5495.JPG



posted by wa at 14:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 古民家再生

古民家再生物語 47 配管工事

2011年1月27日

配管工事開始。

DSC_5444.JPG

DSC_5316.JPG

DSC_5312.JPG

DSC_5455.JPG

DSC_5313.JPG


屋内の配管作業も同時に施行されていきます。

DSC_5235.JPG

DSC_5325.JPG



posted by wa at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 古民家再生

古民家再生物語 46 外観造作

2011年1月19〜21日

外壁周辺を取り囲む石の搬入が始まりました。

DSC_5106.JPG

DSC_5102.JPG

この土地から掘り出された石も使えるものは有効活用します。

DSC_4996.JPG

同時に腰板の造作も始まりす。

DSC_5133.JPG

DSC_5189.JPG

腐食防止の塗装も同時並行的に進みます。

DSC_5791.JPG
posted by wa at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 古民家再生

古民家再生物語 45 土間

古民家再生物語、生来の怠け者に加え何かと雑務に追われ長い間更新できませんでした。

再生中の古民家がこの春ようやく完成し住み始め、少し落ち着いてきました。

再生のプロセスを忘却せぬうちに、物語の続きを書き、なんとか完成までたどり着きたいと思います。


2011年1月9日

今回の再生では元の古民家に一部変更を加えています。

その1つが土間の拡大です。

この土間は当面は玄関入口のスペースとしての用途ですが、
将来的にはギャラリースペースやイベントスペースとしても使用したいと考えています。

そんなことで、スペースの拡大とともに、目的に適うような素材選びや空間デザイン、照明などに工夫しました。

土間の素材は当初から石を使う予定でいましたが、なかなかイメージ合う石が見つからず苦労しました。

DSC_4682.JPG

いろんな石を探し、実物を視察しようやく南米産の「クオーツブラック」という石にたどりつきました。

DSC_5210.JPG

写真では一見玄晶石に似ていますが、玄晶石より色は黒く硬質で荒削りです。

この石を貼っていただいた渡辺タイル工業代表の渡辺充さんです。

DSC_6065.JPG

ちょっと扱いにくい石だったようですが見事に施工していただきました。

DSC_4932.JPG

DSC_4942.JPG

DSC_4925.JPG
posted by wa at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 古民家再生